信州最古の不動霊場

当寺開山地は天空の聖地
信州最古の不動霊場
日本三大不動尊
上杉謙信公念持仏
真田家子孫の寺院
本尊不動明王の
「安心なさい」と言った
励ましが聞こえてくる

米子瀧山不動寺

 米子瀧山不動寺は、奈良県桜井市初瀬・長谷寺が総本山の
真言宗豊山派に属し、古くから「米子のお不動さん」と呼ば
れ、家内安全・無病息災・五穀豊穣・厄除け・商売繁昌・病
気平癒など現世利益をご祈願・ご祈祷する真言密教(東密)
寺院です。また、今もなお全国たくさんの方から厚い信仰を
集めています。
 当寺の本尊である不動尊は、千葉成田の不動尊、新潟の
菅谷不動尊と共に日本三大不動尊のひとつに数えられる由緒
あるものです。本尊不動明王は、等身大の立像で、弘法大師
(空海)の一刀三礼の御作と言い伝えられ、欅の一木造りで
像高一六二センチ、重量四七・五キロあります。

 米子瀧山不動尊信仰は、奈良時代養老二年に菅平四阿山に
おける白山信仰によって発生し、また滝の縁である熊野信仰
などと一緒になり、安土桃山時代〜江戸時代初期、当寺奥之院
の対岸にある奇妙(帰命)山平における天海大僧正木食戒一番弟子
弾誓の弟子『木食僧』但唱上人(摂津国多田荘・摂関家{近衛家}の
領・現在の兵庫県川西市全域及び宝塚市北部、三田市東部、
猪名川町全域)出身や、但唱上人の弟子と言われる閑昌上人の
念仏信仰と深くかかわっています。

 当寺より一二キロ奥・四阿山北西隅に、長野県須坂市にある
国指定名勝として名高い米子瀑布群にある不動瀧(八九メートル)
権現瀧(八二メートル)があり、瀧を背に当寺の奥之院があります。
 夏には瀧に打たれる白衣の行者の姿も見られます。

参拝のご案内

奥之院開山祭
六月十五日

奥之院開山祭詳細

縁起と宝物

縁起と宝物一覧